ネギマンは身長40メートル、体重だいたい8千トンの巨人です。その正体は定かではありませんが、鳥取県西部の弓ヶ浜半島で栽培されている白ネギの化身だという説が有力です。
 2011年に開催された総合カルチャーイベント【米子映画事変】のシンボルキャラクターとしてデビューしました。
 2011~2012年の間に4本の短編映像が製作・公開されています。
 ああ、新作作りたい!
 
 
 
ⓒヨナゴフィルム


 
 鳥取県米子市、広がる白ネギ畑のほとりを自転車で駆ける女子高生・まゆ。その時、何の前触れもなく突如天候が急変し、突風と地鳴りが起こる。
 呆然とする まゆ の眼前には、身長40メートル(推定)の大巨人が屹立していた。一体何者?

 
 

 同年10月開催予定の「米子映画事変」をPRするためにYouTubeにアップされた2分20秒ほどの短編動画。実行委員長・赤井孝美の指揮の下、地元ボランティアスタッフと大阪芸大映像学科の学生を中心に作り上げた。出演は地元放送局BSS山陰放送で「ラッテフレンズ」としてでタレント活動をしていた16歳の井次麻友。彼女は後に同じラッテフレンズのメンバー・藤井美音とともにアイドルユニット「Chelip(チェリップ)」を結成し、人気ロコドルとなる。

 赤井はネギマンを自身が学生時代に経験した『DAICON III オープニングアニメ』をイメージして制作した。イベントの花としての映像とシンボルキャラクターを生みだし、さらに映像制作による人材を育成する。後にGAINAX設立に至る道程を米子の地で再現することを考えていた。

 ミニチュアの一部は東京のボランティアスタッフの手によるもの。またネギマンのスーツはDAICON時代以来の仲間である造形作家の三枝徹氏に依頼した。
 「米子映画事変」は中心市街地を賑わせるイベントして成功し、翌年の「第二次 米子映画事変」の開催が決まった。